見立ての世界、ミニチュアアートの世界。田中達也 ミニチュア

田中達也さんというミニチュアアーティストをご存知ですか?

クロワッサンを雲に見立てた「クモワッサン」。コッペパンを連結させ新幹線に見立てた「新パン線」。ブラシやタワシで稲刈りの風景を見立てた「田舎ぶらし」。

ユーモアを利かせた作品を写真におさめ、2011年から「ミニチュアカレンダー」としてSNSで日めくりカレンダーのように毎日投稿したのが始まり。

これが話題となり、現在インスタグラムのフォロワーは370万人超え(2024年1月時点)。インスタグラムだけでなく、ツイッター、フェイスブックなど各種SNSでも毎日投稿されています。

中国や台湾などアジアでも人気が高く、個展を開催すれば何十万人もが来場し、現地メディアからは「小型(ミニチュア)の神」と賞賛される大注目のアーティストだそう。

 

日常のものをミニチュアの世界から見て全く別物に替えてしまうその頭の柔らかさ。

凝り固まってしまった脳みそを柔らかくするトレーニングにもなっています。

 

例えばこちらはドラえもんのヘリコプターはーーーー

なんと画鋲!

「画鋲を踏まずに行ーきたーいなー♪」
「ハイ、タケコプター!」

というダジャレとともに。

 

こちらは千と千尋の神隠しの湯婆ばの頭は?

こちらも面白かったです。

こちらは2021年のベスト集から。

ギザギザポテトチップスをしわしわの洗濯物に例えて、アイロンをかける女性ミニチュアを添えて。

マスクをバスケのコートに替えてみたり。

マスクの折り目をスイミングプールのコースに見立てたり。

こちらは2023年ベスト。

2011年から1日も休まずに毎日投稿しているとのこと。

2019年には情熱大陸にも出演され、ますます活躍されている田中達也さん。

いいねの数が少ないと、取り直すという。

毎日投稿する理由は、毎日休まず投稿を続ける理由は励みになるから。

それにしてもよくこんなにアイディアが湧くなといつ見ても脱帽です。

これまでも絵本を出版されていますが、2022年に新しく絵本が出版されました。

絵本の一部をご紹介。(引用:絵本ナビスタイル)

子供の知育にもいいですね!

 

過去の作品はこちら。

子供に読み聞かせるのもいいですね。

 

目次

ミニチュアで国内旅行を

2019年には、日本の風景、文化、食などに見立てた作品をまとめたした作品集『MINIATURE TRIP IN JAPAN』が出版されています。

日用品で日本の伝統行事を何かに見立てて日本の文化について日本語と英語で紹介されています。海外の人にプレゼントすると喜ばれるかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

fukunyan(@fukunyan0411)がシェアした投稿

ミニチュアで世界旅行が

続けて第2弾となる作品集。

世界をテーマにした『MINIATURE TRIP AROUND THE WORLD』。

世界一周旅行を楽しむ感覚で、田中達也さんの見立ての世界を楽しめます。

 

ウェハースがギザのピラミッド?

玉ねぎがシドニーのオペラハウス?

中身がちょこっと紹介されているので気になる方は覗いてみてください♪

本の中身を覗いてみたい方はコチラで紹介されていたのでよかったらどうぞ^^

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋 一彰(@tagaaki06)がシェアした投稿

 

 

子供の知育にも

バラバラにされた日用品があります。その日用品を小さな作業員たちが一生懸命に組み立てています。最初はパーツの状態では何か分からなかったけれど、完成するにつれて、それが何なのかが分かってきます。完成した日用品は、ミニチュア世界の住人たちにどのように使われるのでしょうか。「組み立て」と「見立て」のプロセスを通じて、身近なものが別のものに変わる驚きと面白さが詰まった写真絵本です。

田中達也さん初の絵本。

ミニチュアライフ 写真集

田中達也さんの作品集。現時点で2冊発売されています。

Amazonでは中身も少し紹介されていますしたので、気になる方は見てみてくださいね。

 

ミニチュアライフカレンダー

Amazonリンクすると、中身が少し見れるようになっています。

普段見るカレンダーとして飾っていると癒されますね。

ミニチュアライフ ポストカード

ポストカードもありました。

これをもらった人は微笑むこと間違いなし。

素敵なプレゼントになりそうですね^^

 

まとめ

いかがでしたか?

心が疲れている時、アイディアが浮かばない時、癒されたり励みになったり。

知育にもいいですね。

手にとって見てみてください。おススメです^^

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

南フランス在住。小包みをお届けする気持ちで書いています。

目次