今限定のAmazonタイムセール会場を見てみる

ブルーナミッフィー違いは/ブルーナボンボンの色の種類は?黒、グレー、ホワイトのどれが人気?

目次

ブルーナとミッフィーの違い

まず絵本などに描かれているミッフィーは2足歩行なのに対して、ブルーナボンボンは4足歩行です。 実際のミッフィーは人のように歩けるのに対して、ブルーナボンボンは自然界にいるうさぎや犬、猫のように4足で体を支えているのが大きな違いとなっています。 また、ミッフィーは服を着ていますが、ブルーナボンボンは服を着ていません。

ブルーナボンボンの色の種類を紹介!黒、グレー、ホワイトのどれが人気?

遊んでも楽しい、飾っても可愛いバルーンのおもちゃ「ブルーナボンボン」。

このブルーナボンボンは子どもだけでなく、大人でも欲しくなるほど可愛いデザインであり、実際にインテリアとして部屋に飾る方やバランスボール代わりにする方もいます。

そんなシンプルで可愛くてインテリアにもできるようなデザインのブルーナボンボンですが、色は数種類発売されているので、部屋に合う色や好みのものを選びやすいのも魅力の一つです。

この記事では、ブルーナボンボンの色の種類や人気の色についても紹介します。

ブルーナボンボンの色は種類が豊富!

ブルーナボンボンとは、絵本作家であるディック・ブルーナさんが描く絵本の世界のうさぎをモチーフにしたおもちゃです。

絵本のままのシンプルなデザインに、思わずぎゅっと抱きしめたくなるフォルムが特徴となっています。

このブルーナボンボンは高さ47センチメートル、長さ50センチメートル、胴囲約68センチメートルとやや大きめですが、その理由はブルーナボンボンでの遊び方にあります。

ブルーナボンボンは丈夫な素材でできており、子どもが乗って遊べるよう設計されているのです。

そのため対象年齢は3歳以上ではありますが、背に乗ってピョンピョン飛び跳ねたり、一緒に転げ回ったりと、お子さんの良い遊び相手になってくれます。

また、大人でも乗ることができるので、バランスボールの代わりに使ったり、背もたれにしたりするママさんパパさんもいるようです。

子どもの誕生日祝いとして贈るだけでなく、大人へのプレゼントとしても贈ることができます。

シンプルで可愛いデザインからインテリアとしても置けますが、それは姿形だけでなく、3色のカラーバリエーションのおかげでもあります。

ブルーナボンボンは、ホワイト(白)、グレー(灰色)、ブラウン(茶色)、限定色であるブラック(黒)などがあり、どれも可愛い見た目にマッチするだけでなく、それぞれのカラーをイメージした香りも付けられています。

ホワイト(白)

ホワイトはブルーナボンボンのなかでもオーソドックスなカラーです。

汚れこそ少し目立つかもしれませんが、中性洗剤を含んだ水で濡らしたタオルできれいにお手入れすることができます。

白地に愛らしい顔が描かれたブルーナボンボンは、魅力的で思わず抱きしめたくなります。

ホワイトのブルーナボンボンにはミルクの優しい香りが付いています。

グレー(灰色)

グレーには一般的なグレーとプレミアムグレーの2種類がありますが、プレミアムグレーは限定色となっています。

いずれにしてもグレーはホワイトよりも落ち着いた色合いで、汚れが目立ちにくいため、遊んでも長期間汚れは気にならず、インテリアとしても置きやすいと評判なようです。

香りもブラックやホワイト、ブラウンが食べ物や飲み物の香りなのに対して、グレーはそのカラーイメージからせっけんの香りが付いています。

抱きしめたときや背に乗って遊ぶときにせっけんの落ち着く香りが楽しめるのも、このカラーの特徴です。

ブラウン(茶色)

ブラウンは明るめのカラーが特徴的です。これもホワイトほどではないですが、少し汚れは目立ちやすいかもしれません。

香りはカラーのイメージに合うチョコレートであり、ミルクよりもより甘い香りが楽しめます。

ウッド調の部屋のインテリアにも溶け込みやすいカラーです。

ブラック(黒)

限定色であるブラックは真っ黒なカラーなので、目や口がホワイトで描かれています。

黒いうさぎはイメージしにくいかもしれませんが、グレーやホワイト、ブラウンとはまた違った可愛さがあります。

ブラックとなると香りは何が付いているのか気になるところですが、カラーのイメージとは裏腹に甘いミルクの香りが楽しめます。

白いすり傷などは少し目立つかもしれませんが、基本的には汚れが目立ちにくいのもこのカラーの良いところです。

ブルーナボンボンは黒、グレー、ホワイトのどの色が人気?

ブルーナボンボンで展開されているカラーを紹介してきましたが、このなかでも特に人気なカラーはホワイトです。

SNSでもその姿を見かけることが多くなっており、ホワイトはうさぎのイメージとしても強いのかもしれません。

また、ブルーナボンボンとよく似た顔を持つ、世界的に人気のミッフィーのカラーもホワイトであることから、カラーとしての印象が強いようです。

ホワイトはミルクの甘い香りが付いていることから、子どもも大人もその香りに惹きつけられやすいのも理由の一つに挙がりそうです。

ブラックやグレー、ブラウンももちろん人気ではありますが、特に人気が高いのはホワイトとなっているようです。

ブルーナボンボンミニの色は3種類!

ブルーナボンボンは大きくて子どもから大人まで遊べ、インテリアにもできるバルーンのおもちゃとして好評ですが、その大きさから3歳未満の子どもは乗って遊べません。

そこで小さいときから遊べるおもちゃとして、ブルーナボンボンミニというものも展開されています。

ブルーナボンボンミニは高さ24センチメートル、長さ27センチメートル、幅15センチメートルと、ブルーナボンボンのおよそ半分くらいの大きさです。

この大きさに加えてブルーナボンボンほど丈夫には作られていないので、乗って遊ぶことはできません。

その代わりに、ブルーナボンボンミニの中には優しい音色がする鈴が入っており、本体を振ると赤ちゃんが喜ぶラトルとして使うことができます。

グレー、ホワイト、ブラウンの3種類のカラーがありますが、香りはすべてベビーパウダーの甘い香りになっています。

赤ちゃんが自分で振って遊び、疲れたら抱きしめながら寝てしまうこともしばしばあるおもちゃですが、そのように遊ぶことで手や指先のトレーニングもなります。

パッケージイラストも可愛く、そのままでもインテリアにできることや、ブルーナボンボンと並べて置くことで、まるで親子のように見えることから、出産祝いでプレゼントされることや、ブルーナボンボンと合わせて買われることも多いおもちゃです。

ブルーナボンボンのお気に入りの色を見つけよう

ブルーナボンボンは限定色を加えれば5種類もカラーバリエーションがあり、色と共に香りも楽しめるのが魅力の一つです。

紹介した通り、通常はホワイト、グレー、ブラウンの3種類ですが、それぞれが違う香りであり、遊んでも楽しく、見て癒され、香りで落ち着くことができると好評なおもちゃでもあります。

どの色のブルーナボンボンも可愛くどんなインテリアにも馴染みやすいので、自分に合ったものを選んで遊んだり飾ったりしてみると良いでしょう。

人気の色は白ですが、お子さんの好きな色や部屋に合う色などで選ぶのもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次