ニースフランスを観光旅行するならモナコとサロンドプロヴァンスも!【モデルコース】

こんにちは。

南仏在住のMananaです。

面倒だったら一日観光コースを申し込むのも手。

私達の旅行記をもとにおススメをご紹介します。

私達は家族5人。レンタカーを借りるにも4人乗りと5人乗りでは値段が違いすぎたため、ツアーを申し込みました。

日本語ツアーだと高いので、多少英語が話せれば、こちらのツアーがおススメです。

申し込んだツアーはこちら。

Getyourguide

お薦めしたい理由は3つ。

①ほぼプライベート。8月のバカンスシーズンだったため、もう1組いましたが、通常は1組のケースがほとんどだそうです。

②バン貸し切り。ガイドさんはドライバーも兼ねていて、ほぼプライベートのため、リクエストに応えてくれる。

③Air B and Bの前まで送迎してくれる。普通ホテルしか受け付けないところが多いのですが、Air B and Bで宿泊した目の前までピックアップしてくれました。

④11歳と12歳の子供がいたので、英語に触れる機会がもてた。ガイドさんは思春期の子供に気遣ってくれて、頻繁に話しかけてくれました。

目次

ニースを訪れるなら訪れるべき場所

①エズ

エズ(Èze)は、フランスのプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏に位置する美しい村で、地中海に面した高台に位置しています。

エズ村に関するいくつかのポイントを紹介します。

  1. 地理情報:
    • エズは、ニースとモナコの間に位置し、モナコからは東にわずか10キロほど離れています。
    • 村は海抜429メートルの丘の上にあり、地中海の美しい景色が広がります。
  2. 歴史:
    • エズは中世の雰囲気を持つ古い村で、その歴史は古く、ガロ=ローマ時代にまでさかのぼります。
    • 中世の城壁や石畳の通りなど、歴史的な建造物が村内に残っています。
  3. シャトー・デ・エズ:
  4. 植物園:
    • エズは美しい植物園でも知られています。
    • エズ植物園(Jardin Exotique d’Èze)は、多種多様なサボテンや地中海の植物が楽しめる場所として人気の観光名所となっています。
    •  

      この投稿をInstagramで見る

       

      Didier Didou(@didier_didou_)がシェアした投稿

    • 頂上にありますが、そこまで坂を徒歩で昇るため、足腰に自信のない方は控えた方がいいかもしれません。
    • 頂上の手前にあるレストランがおススメです。
  5. 美術館やアート:
    • 村には小さな美術館やギャラリーがあり、アートと文化に興味を持つ人々にとって興味深い場所となっています。
  6. 眺望と散策:
    • エズからは素晴らしい地中海の眺望が広がります。また、村自体も石畳の通りや風景が美しく、散策が楽しめます。
  7. アクセス:
    • 車でアクセスする場合、エズはA8高速道路からアクセス可能です。また、ニースからは電車やバスでアクセスすることもできます。

       

      1. 車:
        • ニースからエズは約20キロほどの距離です。A8高速道路を使って、La Turbie経由でエズに向かいます。車での所要時間は通常30分から40分程度です。
      2. 電車:
        • ニース・ヴィル(Nice-Ville)駅からエズへの電車は利用できます。電車でLa Turbieまで行き、そこからエズへのバスやタクシーを利用することができます。電車の所要時間は約20分ほどです。
      3. バス:
        • ニースからエズへのバスもあります。Lignes d’Azur(ニースの公共交通機関)が運行しており、エズ村への直行バスがある場合もあります。所要時間は通常1時間から1時間半ほどです。
      4. タクシーまたはシャトルサービス:
        • タクシーまたはシャトルサービスを利用することもできます。特に時間に余裕がある場合や、快適な移動を希望する場合に適しています。

      上記の選択肢は、旅行の好みや時間的制約によって異なるかもしれません。特に公共交通機関を利用する場合は、事前にスケジュールを確認して計画することがおすすめです。

エズはその美しい風景や歴史的な雰囲気、そしてアートと文化の豊かさで知られており、訪れる人々を魅了しています。

 

②サロンドプロヴァンス

サロン・ド・プロヴァンス(Salon-de-Provence)は、フランスのプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏に位置する美しい町で、プロヴァンスの風情を感じられる場所です。

以下に、サロン・ド・プロヴァンスに関するいくつかのポイントを紹介します。

  1. 地理と位置:
    • サロン・ド・プロヴァンスは、マルセイユとアヴィニョンの中間に位置しています。プロヴァンスの中心的なエリアにあり、自然の美しさに恵まれています。
  2. 中世の歴史:
    • サロン・ド・プロヴァンスは、中世の歴史的な遺産が豊富です。特に、サロン城やサン・ローラン教会などが見どころとなっています。
    •  

      この投稿をInstagramで見る

       

      Serge Miclo(@sergemiclo)がシェアした投稿

  3. ノストラダムスの故郷:
    • 16世紀の占星術師で予言者として有名なノストラダムスは、サロン・ド・プロヴァンスで生まれました。彼の生涯や業績に関する展示が、町内にあるノストラダムス博物館で見ることができます。
  4. フォンテーヌ・ムーサン:
    • サロン・ド・プロヴァンスの中心部にあるフォンテーヌ・ムーサン(Fontaine Moussue)は、美しい泉で覆われた緑豊かな場所で、市民や観光客の憩いの場となっています。
    •  

      この投稿をInstagramで見る

       

      Michel Roux(@michel_roux)がシェアした投稿

  5. プロヴァンスのマーケット:
    • 週に数回、サロン・ド・プロヴァンスではプロヴァンスの伝統的なマーケットが開催されます。新鮮な地元の食材や手工芸品が豊富に取り揃えられ、地元の雰囲気を楽しむことができます。
  6. サロン・ド・プロヴァンス城:
    • サロン城(Château de l’Empéri)は、市内にそびえる城で、歴史的な建造物と美術館が一体となっています。城内では武器や軍事関連の展示が行われています。
  7. サン・ローラン教会:
    • サン・ローラン教会(Collégiale Saint-Laurent)はゴシック様式の教会で、美しいステンドグラスや彫刻が見どころです。

サロン・ド・プロヴァンスはその歴史的な遺産、美しい建造物、そしてプロヴァンスの伝統を感じさせる雰囲気が特徴的な町です。歩いて探索すると、中世の時代からの足跡やプロヴァンスの情緒を感じることができるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kasia(@kasia.mecha)がシェアした投稿

③カンヌ

カンヌ(Cannes)は、フランスのプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏に位置する美しいリゾート都市で、地中海に面した有名な観光地です。

以下に、カンヌに関するいくつかのポイントを紹介します。

  1. 地理と位置:
    • カンヌは地中海岸に位置し、ニースとサントロペの間に広がる美しい海岸線の中で特に有名です。プロヴァンス地方の中心にあり、温暖な気候が特徴です。
  2. 映画祭:
    • カンヌ映画祭(Festival de Cannes)は世界的に有名で、毎年春に開催されます。映画スター、映画製作者、メディア関係者などが集まり、映画作品の発表や国際的な交流が行われます。
  3. クロワゼット通り:
    • カンヌの象徴的な通りであるクロワゼット通り(La Croisette)は、美しい海岸線に面し、高級ホテルやショッピングエリアが広がります。通りを歩くことで地中海の美しい風景を楽しむことができます。
  4. カジノ・バリエール:
    • カンヌにはカジノ・バリエール(Casino Barrière)があり、夜のエンターテインメントやギャンブルが楽しめます。高級感漂うカジノで、一夜を楽しむことができます。
  5. レ・イル・デ・レール:
    • カンヌの旧市街であるレ・イル・デ・レール(Le Suquet)は、狭い石畳の通りや歴史的な建物があり、昔ながらのプロヴァンスの雰囲気が残っています。
  6. 美術館と文化施設:
    • カンヌには美術館や文化施設が点在しており、特にマルガレーテ博物館やシャトー・デ・アンジェル美術館は訪れる価値があります。
  7. アンティーク・マーケット:
    • カンヌでは定期的にアンティークマーケットが開催され、古い家具やアクセサリー、ヴィンテージ商品が販売されます。アンティーク好きにはたまらないスポットです。

カンヌは高級リゾート地として知られ、映画祭や美しいビーチ、高級なショッピングエリアが魅力です。南仏の陽光溢れるリゾート体験を楽しむことができる素敵な都市です。

 

④モナコ公国

④アンティーブ Antibes

アンティーブ(Antibes)は、フランスのプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏に位置する美しい海岸の町です。

以下に、アンティーブに関するいくつかのポイントを紹介します。

  1. 地理と位置:
    • アンティーブはニースとカンヌの中間に位置し、地中海に面しています。美しいビーチや清澄な海が特徴です。
  2. 歴史的な街並み:
    • アンティーブの旧市街は独特な雰囲気が漂う歴史的なエリアです。石畳の通りや古い建物が、中世の時代からの歴史を感じさせます。
  3. ポル・ヴォーバン:
  4. ピカソ美術館:
    • アンティーブにはピカソ美術館があり、パブロ・ピカソが滞在した時期に制作された作品が展示されています。美術館自体も歴史的な建物で、訪れる価値があります。
    •  

      この投稿をInstagramで見る

       

      apo(@apollinefck)がシェアした投稿

  5. グリマルディ城:
    • グリマルディ城(Château Grimaldi)は、かつての城が美術館に転用された場所で、ピカソが滞在したことでも知られています。城自体も見どころの一つです。
    •  

      この投稿をInstagramで見る

       

      Michael & Karin 🇩🇪(@sy_mika2)がシェアした投稿

  6. マルシェ・プロヴァンサル:
    • アンティーブでは週に数回、マルシェ・プロヴァンサル(Provençal Market)が開催されます。新鮮な地元産の食材や花が販売され、地元の雰囲気を楽しむことができます。
  7. フォール・サント・ローラン教会:
    • フォール・サント・ローラン教会(Church of Saint-Laurent)は、美しいゴシック様式の教会で、歴史的な建築と美術を鑑賞できます。

アンティーブはその美しい海岸線、歴史的な雰囲気、そしてアートに富んだ文化で観光客を魅了しています。美食やショッピングも楽しめ、南仏の魅力が凝縮された場所です。

⑤マントン Menton

マントン(Menton)は、フランスのコート・ダジュール(Côte d’Azur)に位置し、、イタリアとの国境に近い場所にあります。

マントンに関するいくつかのポイントをご紹介します。

  1. 地理と気候
    • イタリアとの国境に近い地中海岸に位置しています。
    • ニースから東へ約30キロ、モナコから西へわずか10キロの距離にあります。
    • 地中海性気候であり、温暖で穏やかな気候が特徴です。冬は比較的暖かく、夏は暑いです。
  2. 庭園と植物:
    • マントンは庭園や植物が美しいことで知られています。
    • 特に、セレブレーション・オブ・シトロン(Fête du Citron)と呼ばれるレモン祭りが有名で、巨大なレモンやオレンジの彫刻が展示されます。
  3. 歴史的な建築:
    • 古い町並みや歴史的な建築物が点在しており、中世の雰囲気が漂います。サン・ミシェル教会やジャン・クーリ神父広場など、歴史的なスポットがあります。
  4. 観光地:
    • マントンの美しいビーチやプロムナードは観光客を引きつけます。また、周辺の丘や山々はハイキングや自然愛好者にとって魅力的なスポットです。
  5. 文化とアート:
    • マントンは文化的なイベントやアート活動も盛んで、地元のアーティストやクラフトマンの作品が見られます。
  6. ニースからマントンへのアクセス:
    • ニースからマントンへのアクセスは比較的便利で、以下に紹介します。
      1. 車:
        • ニースからマントンへのドライブは約30キロで、高速道路A8を利用すると便利です。
        • 所要時間は通常約30分から1時間ほどですが、夏のハイシーズンは渋滞し、駐車場を探すのも苦労しますので、夏はおススメしません。
      2. 電車:
        • ニースの主要駅であるニース・ヴィル(Nice-Ville)駅からマントン行きの列車で一本で行けます。
        • 所要時間はおおよそ30分から1時間ほど。列車のスケジュールは確認が必要です。英語に抵抗のない方は直接こちらから予約ができます。
          SNCF Connectリンク
      3. バス:
        • ニースからマントンへのバスも利用できます。
        • Lignes d’Azur(ニースの公共交通機関)が運行しており、所要時間は1時間から1時間半ほどです。
        • ライン200を使用します(2023年12月時点)。時刻表はこちら
        • 月~土:15~30分間隔で出ています。
        • 日:20~45 分間隔で出ています。
        • 運行時間:月~金:5:35~21:35
        • 土:5:55 ~21:50
        • 日:6:00~ 22:10
        •  7~8月のバカンスシーズンはとても混んでいるのであまりお勧めはしません。国内外の若い学生が多く利用し、バス停に行列ができていました。
      4. タクシー:
        • 大きな荷物や快適な移動を希望する場合に最もおススメな方法です。

       

  1. レモン祭り:
    • マントンのレモン祭りは、毎年2月から3月にかけて開催される国際的に有名なイベントです。正確な日程は毎年異なるため、具体的な情報は年次のスケジュールを確認することが重要です。お祭りの概要:
      • レモン祭り(Fête du Citron)は、マントンが生産する美しいレモンやオレンジを称賛し、観光客に楽しい体験を提供するために開催されるイベントです。
      • 主な特徴は、市内の広場や通りが巨大なレモンやオレンジで飾られ、その美しい彫刻や装飾が見どころとなります。
      •  

        この投稿をInstagramで見る

         

        Léa 📸✨(@dede._photos74)がシェアした投稿

      お祭りの成り立ち:

      • マントンのレモン祭りは、1934年に初めて開催されました。当初は地元の農産物を紹介し、地域の経済を活性化させる目的で始まりました。
      • 現在では、伝統的な農産物フェアから発展し、芸術的な要素とエンターテインメントが加わり、国際的に有名な観光イベントとなりました。

      お祭りのハイライト:

      1. ディランシャン(黄色いレモン)パレード: 豪華な装飾の車両がパレードし、市内を賑やかに練り歩きます。
      2. ジャルディン・ビオランテ(Bioulaunte庭園): 園芸愛好者にとっては特に魅力的な場所で、美しいレモンの彫刻やディスプレイが楽しめます。
      3. ノクタンブロン(夜のイルミネーション): 夜になると、レモンやオレンジの彫刻が美しく照らされ、幻想的な雰囲気が演出されます。

      マントンのレモン祭りは、色鮮やかなディスプレイ、アート、音楽、そして地元の食文化を組み合わせ、観光客や地元住民に楽しい時間を提供する素晴らしいイベントとなっています。  

 

ニース市内 ~マルクシャガール美術館~

マルクシャガール美術館。

閉館前に行くのはおススメしません。

なぜなら、入れない箇所が出てくるためです。

私達が行ったのは4時ころ。

見たかった作品への入り口が封鎖され、見ることができませんでした。

早く帰りたいためか、閉館近くなると係員はソワソワし始め、早く帰るよう促してきます。

ただ、絵画だけでなく、奥の方へ進むとステンドグラスを一面に張り巡らせた広場があり、そこでゆっくりと雰囲気を味わうひと時は忘れられません。

ニースからの日帰り旅行まとめ

これらの魅力的なスポットをぜひ訪れて、地中海を味わってきてください。

どれも見逃せない魅力が広がっています。

楽しい旅行を過ごせますように!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

南フランス在住。小包みをお届けする気持ちで書いています。

目次